原作にないモリー、シャーロックで大活躍!その魅力語るよ~

モリーは大事なドラマのメインキャラ!

モリー・フーパー

出典

 

 

「シャーロック」に登場するモリーは、シャーロックに恋する真面目な検視官ですが、いいキャラですよね~。

 

ドラマでは重要な役どころですが、原作には登場していないんです!

 

ドラマファンならず世界中のシャーロキアンたちにも好意的に受け入れられてるってことですよね。
すごいなあ。

 

 

でも、もともとドラマではメインキャラではなかったんですよね~。

 

え~!?ってなりますよね。「シャーロック」にはいなくては成り立たない存在だから。

 

 

今回はそんな彼女の魅力に迫ってみましょう~♪

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

メインキャラになる予定がなかったモリー

マーク・ゲイティスとドラマの共同プロデューサーを務めているスティーブン・モファットは初め、「原作に登場しない人物はメインキャラクターにしない」と決めていたそうです。

 

スティーヴンはシャーロキアンの一人ですからね~。
原作に忠実にいきたい、と思ってもおかしくない。

 

それを裏付けるかのように、ドラマ放送に先立って公開されたパイロット版「ピンク色の研究」では、60分間のうち(オリジナルは90分間)モリーはたったの1シーンしか登場していないんです。

 

 

ところが。
モリー役のルイーズ・ブリーリーの演技を観たスティーヴンは衝撃を受けます。

 

「な、なんだこの子はすごすぎる!!」と言ったかどうかはわかりませんが(笑)、ルイーズの見事な演技に惚れ込んだスティーヴンは、「原作に登場しない人物はメインキャラにしない」というルールをあっさり変更。

 

こうしてモリーは晴れてレギュラー入りしたというのです。

 

 

「もしモリーがいなかったら、あのシーンどうなってたの?つまらないな~」
っていう場面がザクザクでてきますので、スティーヴンの変更は大正解!

 

考えたくないよ、ルール変更しなったら、なんて。

 

 

私が好きなモリーの魅力はここ!

モリーはシャーロックに密かに想いを寄せているのですが、奥手なため積極的になれない。
ひっそりとシャーロックに好き光線を送ったり、ヤキモチ焼いたり。

 

モリーの不器用さと健気さにキュンとなってしまうんですよね~。

 

ここが一番すきです。

 

 

外見も可愛いですよね。
シャーロックの言うように、地味顔と言えばそうですが、清楚で可憐な雰囲気がすき。

 

そんな可愛い顔して遺体を解剖しているんですからね~。

 

このギャップもモリーの魅力かな。

 

 

あとはシャーロックとの関係でもその魅力を発揮しています。
もじもじしてるモリーと、自己中のシャーロック。

 

この2人の噛み合わなさを観るのがクセになる!

 

ドラマに恋愛関係入れるのって結構難しいですよね。
相手によっては「くっつかないで!」ってなるし、2人の関係が気になって気になって本筋に集中できないし。

 

でも、モリーの恋は素直に応援したくなりますし、2人の恋の行方が気になることは気になるけど、それで本筋に集中できないってこともないので、安心してドラマ楽しめます。

 

 

これもやっぱりモリーのキャラもあるし、演じているルイーズの力もあるんでしょうね~。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

ルイーズ・ブリーリについて

ルイーズ・ブリーリ
出典

 

  • 本名・・・Louise Brealey
  • 誕生日・・・1979年3月27日
  • 出身地・・・英国ノーサンプトンシャー州ボウゼト

 

 

ルイーズは10代の頃から映画や芸術関係の記事を寄稿していて、雑誌の編集やドラマ制作、演劇作品の製作など、マルチな才能を発揮してきました。

 

演技でも早くからその才能を認められていたようです。
14歳で初めて立った舞台「ライディング・ウィズ・スザンヌ」では、同じ14歳の少女ソフィーを演じますが、その時の評価が「完璧で心に強く訴えかける思春期の表現」(引用

 

その後
「アーカイア」(2005年)「リトル・ネル」(2007年)「ワーニャ伯父さん」(2008年)に出演しますが、どの作品でもルイーズの演技は大評判。

 

ルイーズの活躍についてもっと知りたいならウィキペディアをチェックしてみてください。
⇒ ルイーズ・ブリーリ

 

 

ルイーズの経歴をちょっと観ただけでも、「あ~、モリーがメインキャラに昇格したのもわかるわ~」ってなりますよね。

 

「シャーロック」では、モリー役は彼女以上に考えられない!
っていうくらいはまり役ですし、ちょい役予定だったモリーをドラマの主要キャラに持ってきたモリーの演技力には目を見張るものがあります。

 

 

モリーに命を吹き込んだのはモリーということでしょうか。

 

 

シャーロックにどうやって接していくんだろ、シャーロックとどうなるの?!
推理のアシスタントなのか、相棒なのか、友情止まりなのか、それ以上に…?!

 

これはルイーズの演技に期待したいところですね~。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

原作にも登場していないモリーが、ドラマではしっかり重要なポジションにいるっていうのがおもしろいですよね。

 

それは、モリーのキャラもあるし、演じているルイーズ・ブリーリーがはまり役だったというのあるかなと思います。

 

 

このどちらも欠けてたらこんなに魅力的にはならなかったでしょう。

 

まさに奇跡ですよね~。

 

 

エピソードを追うごとに、シャーロックとの関係が気になってきますが、これもドラマの見どころ。

 

 

モリーの恋が成就することを応援している私にとって「2人はどうなるんだろう」って行方を見守ることにドキドキしていきたい!

 

 

 

 

 

 

 

この記事も読まれています

page top