シャーロック・ホームズ小説

シャーロック・ホームズ小説記事一覧

緋色の研究は、コナン・ドイルの小説「シャーロック・ホームズ」シリーズの最初の作品です。執筆されたのは1886年で、発表されたのが翌年の1887年。「緋色の研究」が掲載された、「ビートンのクリスマス年鑑」1887年11月号。出典デカデカと「A Study of Scarlet」って書いてありますね!この小説を発表した時、著者のアーサー・コナン・ドイルは、開業医でした。本業が暇なため、その時間を小説に...

アーサー・コナン・ドイルの「緋色の研究」読み終わりました!きっかけは、ドラマ「シャーロック」のシーズン1第1話のベースになっているからだったのですが、ドラマ同様「面白い!」の一言。年代から言ったら推理小説の古典になるかもしれませんが、話の展開は今も色あせてなく、どんどん話に惹き込まれていきました。やっぱり多くの熱狂的ファンを残すだけありますよね。そんなシャーロック・ホームズ・シリーズ第1弾とも言わ...

出典「恐怖の谷」は、シャーロック・ホームズシリーズの長編小説の一つ。この作品は、雑誌「ストランド・マガジン」で1914年9月号から1915年5月号まで掲載されました。「緋色の研究」と同じく2部構成になっています。1部は事件発生から解決までで、2部は事件の背景、という構成は緋色の研究と同じ。事件や関係人物への愛着が強くなる第2部は、個人的には大好きです!ドイルが小説を書いた時期と、事件の時代に大きな...

シャーロック「死の暗号」のベースになっているのが「恐怖の谷」。エピソード見終わってから読みましたが、原作もやっぱりいいですよね、ワクワクしました!始めはエピソードとリンクしながら読んでいたのですが、そんなことすっかり忘れてしまい、気がついたらコナン・ドイルの世界にドハマリ(笑)ということで、今回は恐怖の谷の感想や、小説に関する豆知識について記事にしてみようと思います。「恐怖の谷」のあらすじについて...

出典『ボヘミアの醜聞』は、シャーロック・ホームズ・シリーズの中で、最初に発表された短編小説です。初めて発表されたのは、1891年7月の『ストランド・マガジン』で、現在は『シャーロック・ホームズの冒険』に収録されています。ホームズが唯一「あの女性」と呼ぶ人物(アイリーン・アドラー)が登場する本作は、時代を超えて読者の好奇心を刺激しますね。発表されてから、今日まで変わらぬ人気をキープ!それでは、『ボヘ...

出典シャーロック・ホームズの小説の中でも、人気の高い『ボヘミアの醜聞』。人気もそうですが、インパクトがとにかく大きいですよね!この記事では、『ボヘミアの醜聞』を読んだ感想と、小説の中で知りたくなったことなどについてご紹介します。あらすじやネタバレは、すでに記事にしたので、興味があったら、そちらの方をチェックしてみてくださいね。

『ボスコム渓谷の惨劇』は、シャーロック・ホームズシリーズの一つで、4番目の短編小説。初めて公開されたのが、1891年に発行された『ストランド・マガジン』で、現在は『シャーロック・ホームズの冒険』に収録されています。イギリスの片田舎で発生した、とある殺人事件。被害者の息子が逮捕されたけれど、腑に落ちない点に注目するホームズ。犯人は一体誰?!ボスコム渓谷の惨劇のあらすじからネタバレまで解説します!

『ボスコム渓谷の惨劇』を読み終えました!イギリスの片田舎で起きた不可解な事件。容疑者は容疑者ではないかもしれない、「じゃあ誰が犯人?」という謎。ついつい先を読み進めたくなるワクワク感が続く作品です!『ボスコム渓谷の惨劇』のあらすじやネタバレについては⇒こちらそれでは作品の感想ご紹介します♪

日本語訳には『僧坊荘園』や『アベ農園』などのタイトルもありますね。『アビー荘園』は、36番目に発表されたシャーロック・ホームズ・シリーズの短編小説。初めて雑誌に掲載されたのが、イギリス『ストランド・マガジン』(1904年9月号)です。1905年に『シャーロック・ホームズの帰還』 に収録されました。田舎の富豪が強盗に殺害されるという事件が発生。現場の状況や、容疑者がすでに浮上していることから簡単に解...

『アビー荘園』を読んだ感想をご紹介します。静かな田舎町で起きた殺人事件。すでに容疑者の目星はついているものの、残るミステリー。アビー荘園では何が起こったのでしょうか。スリリングな展開に、満足できた内容でした!小説のあらすじや登場人物について知りた場合は、こちらの記事を参考にしてください。⇒ 『アビー荘園』のあらすじ!ネタバレもチェック

出典『まだらの紐』は、シャーロック・ホームズの短編小説中で、8番目に発表された作品です。『まだらの紐』が一番初めに発表されたのは、1892年2月号の『ストランド・マガジン』で、『シャーロック・ホームズの冒険』に収録されました。数あるホームズの短編小説の中でも、ドイル自身が気に入っていたと言われている、『まだらの紐』。シャーロック・ホームズシリーズは、何でも好きですが、この作品は傑作の中に入るかもし...

『まだらの紐』を読んだ感想をご紹介します。感想のほかにも、読んでいて気になったことや知りたいことについても、お話します♪なお、小説のあらすじや登場人物について知りた場合は、こちらの記事を参考にしてください。⇒『まだらの紐』のあらすじ!ネタバレもチェック

『技師の親指』は、9番目に発表されたシャーロック・ホームズ短編小説です。初めて公開されたのが、1892年3月号の『ストランド・マガジン』。現在は、『シャーロック・ホームズの冒険』に収録されています。タイトルからして興味がそそられますね。それでは『技師の親指』のあらすじをご紹介します♪

『技師の親指』を読んだ感想をご紹介します。今回は、珍しくワトスンが持ち込んだミステリー!親指を負傷した依頼人の経緯とは?そして、事件現場を訪れた一行が迎えた結末とは…?小説のあらすじ(ネタバレ含む)や登場人物に関する記事はこちら⇒『技師の親指』のあらすじ!ネタバレもチェックそれでは『技師の親指』の感想にいってみましょう~。

『ギリシャ語通訳』は、シャーロック・ホームズ・シリーズ短編小説の中で、22番めに発表されました。最初に登場したのは、1893年9月に発刊されたの『ストランド・マガジン』(英国)で、現在は『シャーロック・ホームズの思い出』に収録されています。ギリシャ語通訳と事件?どんな関連性があるのか気になります!この記事では、『ギリシャ語通訳』のあらすじと、登場人物、そしてネタバレについてご紹介します。

シャーロック・ホームズ・シリーズ『ギリシャ語通訳』は、ホームズの兄が登場する小説として有名なので、以前から読みたいなと思っていました。そんな『ギリシャ語通訳』についての感想です!読んでいて、気になることや知りたいことについても調べてまとめました。あらすじや登場人物については、こちらの記事をお読みください♪⇒ 『ギリシャ語通訳』のあらすじ!ネタバレもチェック

『海軍条約事件』(『海軍条約文書事件』とも呼ばれます)は、シャーロック・ホームズ短編シリーズの、56番目に発表された作品です。初登場は1893年10月号の英国『ストランド・マガジン』で、その後『シャーロック・ホームズの思い出』に収録されました。今回はワトスンの友人が依頼人の事件、しかもそれは国家レベルの一大事!さて、どんな推理が展開されるのでしょうか。ここでは『海軍条約事件』についてあらすじ・登場...

シャーロック・ホームズ短編小説『海軍条約事件』。ホームズの冴えた推理とドキドキするような展開は相変わらずですが、ホームズの以外な一面も出たりして、短編ながら、読み応え抜群!『海軍条約事件』について感想を書いてみました。「面白かったよね♪」という気持ちをシェアできたら嬉しいです!小説の中で気になったことについても調べてみましたので、良かったら参考にしてくださいね♪犯人の名前を出したりと、ネタバレする...

『踊る人形』は短編小説で、ホームズシリーズの中では27番目にあたります。イギリスでは1903年12月号の『ストランド・マガジン』で、アメリカでは1903年12月5月号の『コリアーズ・ウィークリー』に掲載されました。暗号を読み解くという推理小説ならではの展開ですが、踊る人形という特徴的な暗号が登場することがインパクト大。その踊る人形も子供の落書きのような可愛さがあることも、印象に残る一因かもしれませ...

ドラマ・シャーロックの「死の暗号」のベースと言われている『踊る人形』。短編小説ながら推理小説の面白さが散りばめられていて、コナン・ドイルの世界にすっかりと引き込まれてしまいました。出てきた暗号が人形の絵文字で、とってもカワイイ!なんてワクワクするような展開ではありませんでしたが…『踊る人形』のあらすじなどについてはすでに記事にしてしまったので(「踊る人形のあらすじと登場人物、ネタバレも」)、ここで...

『ブラック・ピーター』は、シャーロック・ホームズ・シリーズの30番目の作品。初めて登場したのは、1904年3月号の『ストランド・マガジン』で、『シャーロック・ホームズの帰還』に収録されたのは1905年です。個人的に「ブラック・ピーター」という響きには、可愛らしさを感じるのですが、荒くれ船長のことを指しているんですよね(苦笑)。やっぱり「次どうなるんだろう~」ってやっぱりドキドキしながら読んでしまう...

『ブラック・ピーター』を読んだ感想をご紹介します。今回は、ブラック・ピーターの異名を持つ船長の死を巡るミステリー!感想のほかにも、読んでいて気になったことや知りたいことについても、お話します♪なお、小説のあらすじや登場人物について知りた場合は、こちらの記事を参考にしてください。⇒『ブラック・ピーター』のあらすじ!ネタバレもチェック

出典『ブルースパーティントン設計書』は、シャーロック・ホームズシリーズの短編小説で、イギリスの『ストランド・マガジン』1908年12月号に掲載されました(アメリカでは『コリアーズ・ウィークリー』1908年12月18日号に掲載)。1917年に第4短編集『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』が刊行されましたが、『ブルースパーティントン設計書』も他の短編小説と一緒に収録されています。コナン・ドイルは、56...

出典『ブルースパーティントン設計書』は、シャーロック・シリーズ1「大いなるゲーム」のベースとなった、コナン・ドイルの短編小説です。兄のマイクロフトが登場して、ブルースパーティントン設計書が国家を揺るがすシロモノだったことを発見!そしてそして、あっという間に事件が解決と、スリリングなストーリーでした。シャーロックの「大いなるゲーム」も、ドキドキ・ワクワクしたけど、「ブルースパーティントン設計書」もか...

page top