シーズン1

シーズン1記事一覧

ドラマ「Sherlock(シャーロック)」の記念すべき第1話!ロンドンで発生している不可解な自殺。自殺する理由が全く思い当たらない被害者たち。でも彼らは「カプセル」を口にしている。事件性も否定できないそんな時、ピンクのコートに身を包んだ女性が被害者に!出会ったばかりのシャーロックとワトソン、出動だ!!2人のチーププレーの鮮やかさ、そして彼らを取り巻く個性的なキャラが続々登場!「次は絶対面白いことが...

シャーロック世莉が解説!      シャーロック・シーズン1第1話「ピンク色の研究」のネタバレと感想です。第1話、どうでしたか?シャーロック・ホームズにほとんど詳しくない私でも、すご~~~~く楽しめたので、完成度高いんじゃないかな、と思います。エピソードのあらすじはすでにまとめたので(⇒ 「ピンク色の研究」あらすじについて)、詳しくはそちらをどうぞ。被害者たちはなんでカプセルを自ら飲んで命を経った...

シャーロック・シーズン1第1話「ピンク色の研究」は、小説「緋色の研究」がベースになっています。タイトル見ただけでわかりますね。「ピンク」と「緋色」違い♪こんな風に、原作と似ているな~、というところもあれば、「変えてるね!」といった部分ももちろんあります。「緋色の研究」と比べながらドラマを観るのも楽しいくらい。緋色の研究がベースになっていると言いつつ、ところどころ他のシャーロック・ホームズ小説を参考...

投資銀行に突如表れた、謎の記号!高層ビルの一室に、一瞬で書き込まれたというこの記号、そんな神業をやってのけたのは一体どんな人物?!その後に起こる不可解な連続殺人事件。なぜ彼らがターゲットに?被害者同士のつながりは?今回も事件は難解そう、シャーロック、頼んだよ!ジョンのロマンスも、シャーロックに巻き込まれるとスリリングありすぎ~!!シャーロック・シーズン1第2話「死を呼ぶ暗号(The Blind B...

シャーロック世莉が解説!      シャーロック・シーズン1第2話「死の暗号」のネタバレと感想です。エピソード、どうでしたか?暗号が一体何を意味するのか、わかるまでモヤモヤしてましたよね。死の暗号のあらすじについては別記事に書いたので、そちらを参考にしてほしいのですが、ここではエピソードのネタバレと感想について書きますね。暗号の謎が解けたと思ったら、今度はジョンとサラが忽然と姿を消してしまいました...

シャーロック・シーズン1第2話『死を呼ぶ暗号』のベースとなっているのは、コナン・ドイルの小説、『恐怖の谷』と『踊る人形』です。どちらの小説も大雑把に言うと、訳あってイギリスに逃げてきた人が命を狙われる、という設定で、暗号が使われていますね。なるほど、そう言われると『死を呼ぶ暗号』もそうなんだなって言うのが、なんとなくわかりますよね。どんな点が似ているのか、見つけたところを比較してご紹介します。そし...

シャーロック1第3話『大いなるゲーム』のあらすじです!シーズン1最後のエピソードということで、ドキドキしますね~。事件は、シャーロックの宛に届いた封筒から始まった!人質を使い、次々とシャーロックにゲームを仕掛ける「爆弾魔」の狙いは?限られた時間の中で謎解きを挑むシャーロックとジョンの活躍が、す、素敵~♪それでは『大いなるゲーム』のあらすじいってみましょう!!

シャーロック世莉が解説!シャーロック1第3話『大いなるゲーム』。前回はあらすじについて書きました。今回はエピソードのネタバレと感想になります!ピンクのスマートフォンに入っていた時報は5回、5番目の人質は誰?そして黒幕は?マイクロフトの「国家を揺るがす一大事」の結末も気になりますよね。それではネタバレ行ってみましょう~。

シャーロック・シーズン1第3話『大いなるゲーム』は、シャーロック・ホームズ・シリーズの『ブルーパディントン設計書(The Adventure of the Bruce-Partington Plans)』がベースになっています。確かメモリースティックに保存されたデータは、「ブルーパディントン計画(the Bruce-Partington Project)」でしたね。「設計書」と「計画」、"Plan...

page top