『技師の親指』のあらすじ!ネタバレもチェック

『技師の親指』について

『技師の親指』は、9番目に発表されたシャーロック・ホームズ短編小説です。
初めて公開されたのが、1892年3月号の『ストランド・マガジン』。

 

現在は、『シャーロック・ホームズの冒険』に収録されています。

 

タイトルからして興味がそそられますね。

 

それでは『技師の親指』のあらすじをご紹介します♪

 

 

スポンサードリンク

 

『技師の親指』あらすじ

技師の親指

出典

 

親指を負傷した水力技師

事件が起きたのは、ワトスンが結婚して間もない1889年の夏。

 

見知りの車掌が、ワトスンの元へ若い男性の患者を連れてきた。

 

 

患者の名前は、ヴィクター・ハザリー。
ロンドンのヴィクトリア街に住んでいる、水力技師だった。
何者かに刃物で襲われ、親指を切り落とされたという。

 

ハザリーから事情を聞いていくうちに、ホームズに相談した方がよいと判断したワトスンは、彼をベーカー街に連れて行く。

 

 

怪しい依頼

ハザリーは、独立し事務所を構える身であること、そして先日事務所に訪れた一人の紳士について話し始めた。

 

ある日ハザリーのもとに、「ライサンダー・スターク大佐」なる人物が訪れる。
スターク大佐は、アイフォードという小さな村にある水力圧縮機の調子を見てほしいと依頼し、ハザリーはこれを受け入れた。

 

スターク大佐がハザリーに依頼した理由は、フーラー土を手に入れるためだ。
スターク大佐の敷地からフーラー土の層が見つかり、それを掘り起こす際に水力圧縮機を購入した。しかし、調子が悪くなったため、ハザリーに見てもらおうとしたのだ。

 

スターク大佐とマネージャーのファーガスンから水力圧縮機の内部に案内されたハザリーは、圧力が低下している原因を見つけ出す。

 

さらに、機械を念入りに調べ、スターク大佐がフーラー土目的で水力圧縮機使うことは建前だったことに気づく。

 

スターク大佐はハザリーを水力圧縮機の中に閉じ込めるが、ハザリーは間一髪のところで逃げ出した。

 

 

スターク大佐邸で見かけた女性に助け出されたハザリー。
しかし、窓から飛び降りる際に、親指をスターク大佐によって切り落とされてしまったという。

 

 

ホームズ一行が現地へ

ハザリーの話を聞き終えたホームズは、1年ほど前に新聞に掲載された広告を見せる。
それは、失踪した若い水力技師を探す、お尋ね人の広告だった。

 

ホームズとワトスン、そしてスコットランドヤードのブラッドストリート警部ら一行は、列車に乗りアイフォードに向かった。

 

列車が液に到着した時、ホームズたちは、ビーチャー博士の家から火の手が上がっているのを目にする。

 

スポンサードリンク

 

『技師の親指』登場人

  • シャーロック・ホームズ・・・探偵のコンサルタント
  • ジョン・H・ワトスン・・・ホームズの相棒で医師
  •  

  • ブラッドストリート・・・スコットランドヤードの警部
  •  

  • 車掌・・・ワトスンと顔見知りでパディントン駅に勤務している
  • ヴィクター・ハザリー・・・水力技師
  •  

  • ライサンダー・スターク大佐・・・水力圧縮機の依頼人
  • エリーゼ・・・館の住人。ハザリーのことを何かと気にかける。
  • ファーガスン・・・スターク大佐の相棒

 

『技師の親指』ネタバレ

注意 ここからはネタバレになります。ご注意!

 

事件の結末

火の手が上がっていた家は、ハザリーが命からがら逃げ出した屋敷だった。
スターク大佐はおそらく、ビーチャー博士(ファーガスン?)宅に居候していた人物と考えられる。

 

2人はここで偽造貨幣を製造していた可能性が高い。

 

エリーゼを含む3人は、レディング方面へ逃げたが、それ以上の足取りはわからなかった。

 

焼跡からは、ハザリーの親指や水力圧縮機の一部が見つかった。
しかし偽造貨幣は見つからず、ビーチャー博士らによって持ち去られた線が濃厚だ。

 

また、気を失ったハザリーを安全な場所まで移動させたのは、土に残された跡から、エリーゼとビーチャー博士の2名と推測される。

 

 

事件その後

ハザリーは、踏んだり蹴ったりの結末に、我が身を嘆く。
しかしホームズは笑いながら、座談人として今回の経験を語り続けられると言った。

 

 

 

この記事も読まれています

page top