『技師の親指』感想と豆知識

今回の感想は『技師の親指』について!

『技師の親指』を読んだ感想をご紹介します。

 

今回は、珍しくワトスンが持ち込んだミステリー!

 

親指を負傷した依頼人の経緯とは?

 

そして、事件現場を訪れた一行が迎えた結末とは…?

 

 

小説のあらすじ(ネタバレ含む)や登場人物に関する記事はこちら
『技師の親指』感想と豆知識

 

 

それでは『技師の親指』の感想にいってみましょう~。

 

スポンサードリンク

 

『技師の親指』感想

技師の親指

出典

 

タイトルから惹かれたエピソードでした!

 

水力技師と事件。
つながらないなあ。これが、「次読みたい!」ワクワクを刺激する。
と、読み進めながら強い好奇心が芽生えていきました。

 

うまい設定ですよね~。

 

 

ミステリー性が高かったのは、タイトルや依頼者の設定だけではありませんでした。

 

スターク大佐に案内された家(正しくはビーチャー博士宅)にいた女性(エリーゼ)が、ハザリーに対して「逃げて!」という場面にはドキドキしました。

 

なんでだろう?と興味をそそられますよね、何が起こるんだろうって。

 

あと、英語でなくドイツ語が関係していることにもますますミステリーさが加わって面白かったです。

 

 

ハザリーの逃走劇も、ドキドキの連続。

 

逃げるハザリー、包丁を持って追いかけてくるスターク大佐。
片手だけで窓にしがみついている状態のハザリーにスターク大佐は、持っていた包丁を振り下ろす!

 

なんともスリルのある展開じゃありませんか!

 

 

ハザリーの前にも被害に遭った水力技師がいたようです。
ひょっとして、スターク大佐は連続殺人犯!?

 

 

結構盛り上がったので、最後はド派手に、と思ったのですが、そうでもなかったですね。

 

思わずくすっとなってしまったエンディングが良かったです♪

 

『技師の親指』豆知識

『技師の親指』では、「知りたい!」と思ったことは出てきませんでした。

 

ワトスンが持ち込んだ事件はこれまで2件あって、一つが今回の事件、そしてもう一つが「ウォーバートン大佐の狂気に絡む事件」でした。

 

ちなみに、「ウォーバートン大佐の狂気に絡む事件」は、語られざる事件です。

 

 

事件の舞台となったアイフォードですが、探しても見つかりませんでした。

 

架空の村と考えられます。

 

 

この記事も読まれています

page top